着物の種類はどれくらいあるの?

着物の格式は礼装から街着まで!

着物には場面に合わせた着物を着用するという日本の伝統として格式があります。女性の場合、結婚式などの特別な儀式などに着用する第一礼装は未婚の場合は本振袖、既婚の場合は黒留袖になります。第一礼装に次ぐ準礼装として色留袖や訪問着、振袖があり結婚式や入学式などに用いられます。街着や外出着は付け下げや小紋、紬などがありTPOに合わせて応用がききます。男性の場合は第一礼装に黒羽二重五つ紋付や色紋付、外出着として一つ紋付や紬、ウールなどがあります。
また、帯や履物にも注意が必要です。昔ほど厳密ではありませんが、その場にふさわしい着物を着るというマナーがあります。素材や染めなどの工程や紋のつけ方などでも種類が分かれます。

着物を整理する時には?

振袖などは仕立て直して着ることもありますが、そのまま保管している方も多いのではないでしょうか?着物は次の世代に引き継ぐことも可能ですが、色や柄など着物にも流行があります。また、保管しているうちにはシミや汚れがついたり劣化してしまう事も考えられます。
着物を整理する方法として売却するというのも一つの方法です。着物が必要な人に良い状態で着てもらうためにも買取ってもらうことを検討してみてはいかがでしょうか?着物を扱うには専門の知識が必要です。着物専門の買取業者であれば安心して依頼することが可能です。業者によっては着物と一緒に帯などを取り扱うところもあります。査定方法も持ち込み・出張・宅配などがあり、依頼する前に問い合わせてみることをおすすめします。

© Copyright Silk Kimono. All Rights Reserved.